2007年02月03日

フジ『発掘!あるある大事典II』の納豆特集でねつ造@

フジテレビ系列の『発掘!あるある大事典II』が1月7日に放映した納豆に関する特集番組にからみ、そのダイエット効果や情報流通のあり方について、系列の関西テレビ放送が20日午後、大阪市内のホテルで記者会見を開き、血糖値測定や血液検査など5項目について、事実をねつ造した内容を放送したことを認めた。

 記者会見に臨んだ同社の編成制作担当の岡林可典常務取締役によると、納豆特集番組にねつ造した内容があったころから、明日21日午後に予定されている『発掘!あるある大事典II』の放送を休止することや、意図的な話題作りに関する番組の制作会社と流通業者との結託について調査中であることを明らかにした。

 「あるある大事典」の「納豆問題」について、PJニュースは他社に先駆け、1月14日付で伝えた。番組内容をあらかじめ大手業者に伝えたことからか、納豆の姿が中小の小売店から消え、大手スーパーには並ぶという不可解な状況が続いている。この点について、会見ではあいまいなままだった。

 公共の財産である電波で、虚偽の内容を垂れ流し、その目的がテレビ局や一部大手業者の利益のために利用されていたとすれば、大きな問題だ。放送法に抵触する可能性もある。『発掘!あるある大事典II』を放映した今後のフジテレビ系列のテレビ局の対応に注目したい。

http://news.livedoor.com/article/detail/2988177/
posted by newsman at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能発掘!あるある大辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。